Caffe-in の天下統一!!
中国は北京を本拠地として活動している日中混合パンクバンドCaffe-inのブログ。天下を獲るまでの記録。。。。をかけたらな~。と。ライブもめっちゃ楽しいぜ~い!!YEAH~!!カフェインの音源試聴もできます!!中国全土にてCDも発売中!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
ライブとバイト地獄とコンテスト結果発表。
土曜日はコンテスト、2006世界バンド挑戦コンテスト(決勝)に参加。んで、ライブ終わってから夜勤で朝8時までバイト。渋滞の中1時間以上かけて帰宅。んで、3時間足らずの睡眠の後、2時過ぎに家を出発して、今度は北京から火車で1時間半の天津にてライブ。ライブの後はヤミタクを包って北京にもどり、それからまた朝8時まで夜勤バイト。かなり大変だった。ライブの後の夜勤はもうやりたくない!!生活のためにはバイトしないといけないからしょうがないんだけど。でも、バンドに100パーセント力と時間つぎ込めなくなったら本末転倒行き倒れなのでもうこんなのいやよ。早くメジャーになってバイトしなくても音楽一本で生活できるようになりたいね~!!中国では無理か?無理か…。

んではおれがどんなに血と肉を削りながらバンドしてるのか何気な~くアピールしたところで、まずはコンテストの

結果ハッピョー~~~~!!!!

って、別に何にもすごいことはなく、案の定、とほほの3位。
これって、はっきり言ってやる前から結果は見えてたのです。
なぜなら、この決勝までに2回もライブ見てるんです。審査員の方々。それに、演奏バンドの順番も毎回主催者が決めていて、最後のほうのバンドが必ず勝ちます。特に零壱ってバンドは演奏順番毎回最後で結局優勝。最初っから優勝バンド決まってたと思わずにはおれません。まぁ、人気実力ともに申し分はないのですが。2位のバンドはBeijing Live Hip Hop Experienceといって、実際にライブを見てみると、すでに、名の通った、ヒップホップ系バンドCMCBの元ベースとドラムにこれまた、とっくにCDデビューしてるヒップホップ系グループ隱藏のMCなど、経験豊かなメンバーでそろえられてた。おれはバイトのため結果発表の前に会場を後にしたけど、メンバーや友達の証言からは2位の発表で彼ら自分たちの名前が呼ばれたときに彼らみんな唖然としてたらしい。確実に優勝できると思ってたっぽい。てか、こんなお遊びバンドに負けてることが悔しい。まぁ実際に生で聞いたら演奏自体はうまかったけど、乗ってる客みんな自分たちの仲間でしょ?こっちのコンテストはどうも不透明な部分が多くていやになります。

まぁ、でも、無事コンテストも終わってよかった。日本人バンドで3位と認めさせたということで上出来としときます。最後にスポンサーの超有名ギターメーカー、ギブソンからギターが各バンドにプレゼント。とはいっても、たぶん安物。


そんで、天津ライブ。ライブ会場はかなりでかくっていい感じだったんだけど、客の入りはいまいちだった。音もPAの人がわかってないっぽくいまいち。でも、うちら目当てで来てくれた人もいっぱいいたみたいで、みんな前に来てくれて乗ってくれてうれしかった。俺がバイト行かないと行けなかったから2バンド目にしてもらったんだけど、4バンド目の演奏でうちらが帰るときには、まだバンド4つも残ってるのにすでに客が半分くらい減ってた。早めにやってよかった~!!

ただ、時間がなさ過ぎて、前回みたいに天津の町を歩くことができなくって残念。帰りはタクったせいで今回のギャラもほぼ使い切っちゃったし。ギャラもっとくれよ!!

天津の人たちはみんなあったかいし、また、ゆっくりライブしに行きたいです。俺のデジカメ調子悪くって写真が一枚も撮れなかった。残念。SAYU写真くれ!!うちらのワンマンで前座やってくれたSKOってバンドと一緒に行ったんだけど、仲良くなれてよかった。一緒にやったUNOはかなり面白かった。

スポンサーサイト
29日天津ライブ。
10月29日は天津でライブです。

27日から3日間開かれるライブの最終日。
天津では1年ぶりのライブ。
結構好評だったから今回もがんばっちゃうぞ~!!

天津では久しぶりの大型屋内フェスらしく、2000人ぐらい入るとこらしいです。うわさでは。1日目はメタル系、2日目は二手薔薇,謝天笑XTX,天堂など、特に豪華。3日目はパンク系。さらに昼間の部と夜の部に分かれてて、それぞれチケットの値段も違う。

詳しくはこちら

北京駅から天津までは電車で1時間半かかる。
もし、これ見てる人で天津にいたらぜひぜひ遊びに来てくださいね。もちろん声もかけてきてください!!

tianjin.jpg
写真クリックで大きい画像見れます。

REAL三国演芸10月号。
REAL三国演芸という中日韓アイドル系(?)雑誌があるんだけど、その10月号にカフェインがちょっと紹介されたよ。

表紙はこれ。
SANY8554.jpg


おれはおととい買ったからまだまだ売ってると思うよ。
ちなみにお値段は14,98元。20元渡したら5元しかおつりこなかった…。

NEW STARのページのページ半分と、サインが入った写真。
SANY8563.jpg

SANY8561.jpg

もっとまともな写真撮っておかないとだめだな。この写真はかなり恥ずかしい。

8月30日、星光現場で開かれたラクリマのライブのときに取材に来てた雑誌。だからもちろんラクリマの記事も3ページにわたって大きく取り上げられてた。ほかにもジャニーズ系や、エイベックス系なんかもいっぱい。

付録でDVDがついてるんだけど、その中にはMTVや、ライブ映像、のほかに、ミュージックステーション、韓国のアイドル系お笑い番組が丸々収録されていた。ってかこれ、明らかに違法だろ!?と思いながら、今日はバイトの後ずっとこれ見てた。Mステ、日本にいたときは絶対見てたし、ビデオにもとってた。なんかうれしい。んで、韓国の番組、かなり面白い。映画も韓国映画面白いのが多い。


一発どり!!
そういえば、この前の金曜日、例のアメリカのレコード会社のオムニバスの件で、レコーディングしてきたよ。

録るの1曲のつもりで行ったのに、結局向こうの要求で3時間という短い時間で3曲。もちろん準備にも時間かかってるから、1曲2,3回通してとっただけ。まさに1発録り!!

1発録りっていうのはまさにバンド全体で「いっせいのせ!!」でレコーディングするやりかた。

普通ちゃんとしたCDのほとんどは多重録音、重ね録りで、クリックを聞いてドラムをとり、それを聞いてベース、ギター、ボーカル、コーラスといったように1つ1つ時間をかけて録っていく。これだときれいにまとまった音源を作ることができるが、時間と手間とお金がかかる。

一発録りはメンバーが間違えたらまた全員でやり直したり、と、めんどくさい反面、短時間でできることと、いつもどうりバンド全体で息をそろえて演奏できるのでロックのようなノリを重視している音楽には多重録音とは違ったよさが出る、ということ。

なかなか面白かった。いままでいったレコーディングスタジオの中でずば抜けていいところだったし、出来上がりはどうなるのかな?

ところで、その後のレコード会社の話なんだけど、中国の新しいレコード会社って言うのが実はそのアメリカのレコード会社と提携することになっているらしく、中国のレコード会社と契約をすれば、中国でもアメリカでもCDを出せるみたい。もともと、その中国のレコード会社の人の勧めでこのオーディションライブに参加したわけだし。ということはもともと、アメリカのレコード会社と繋がっていたってことだ。
それを、アメリカのレコード会社が勝手にうちらと直接契約をしようとしたって感じ。そのほうが全部権利をもらえるからね。うちらにとっては直接アメリカのと契約してもメリットはあまりないが、中国のと契約したら中国でもアメリカでもCDだせるし、中国でもっと発展できる。これはなかなかおいしい話だ。

まぁおいしい話だけど、まだわかんないからね。どうなるか。一応両方から気に入られてるってことだから、それはそれでいいかな。

SANY8433.jpg
うしろにいる白髪の外人さんがマーティンさんていう人で、すごい人、らしい。

SANY8438.jpg
ミスったのはまたお前か~!!博非~!!

SANY8439.jpg
うちらの曲にあわせてドラム叩いてくれた!!

ベスト4だ~!!
2006世界バンド挑戦コンテストでベスト4に入った!!

詳細はこちら。中国語です。

次は決勝戦。
10月28日だ。
場所は同じく
PLACE: 愚公移山
朝陽区春秀路華通新飯店南側 TEL :64150687

工体の北側向かいの駐車場のおく。


結構知らないバンドも出てたんだけど、どれもいい感じのバンドで、やばいかなって思ってたんだけど、なぜか選ばれた!!こういうのって審査員の好みとか、コンテストの趣旨なんかでも違ってくるからね。
実際どのバンドが優勝してもおかしくないと思うし、ベスト4に選ばれなかったからと言って、だから劣ってるってわけでも全然ない。結局は聞く人、個人個人がバンドから何かを感じて気に入るかどうか。逆に言ったら下手糞でも伝えたいことがあって感情を込めて一生懸命やってれば、きっと多くの人の心をつかめると思うし、いくらうまくっても聞く人に何も伝わらない、何も残らなかったらバンドとして、音楽として成り立たないし、やってる意味もない。とはいっても技術がないと伝えたいことも伝わらないし、自分の表現したいことも表現できない。だから、最低限の技術は必要なんだけど。


選ばれたバンドは
カフェイン、零壱、左右、Beijing Live Hip Hop Experienceの4バンド。ベテランの布衣が選ばれてないっていうのが意外(まぁ、コンテストに参加すること自体が意外だったんだけど)。

準決勝の時のライブ映像が見れます。
カフェインのライブ映像はこちら。棒棒糖

零壱は重いメタルコアに宗教的な要素を加えた感じ。メンバーみんな幽霊っぽい化粧とかしてて、キワモノバンドなんだけど、演奏もうまいし、ボーカルの筋肉もやばい。ウォーターバグをもっといかつくした感じかな。ライブ映像にも入ってる『李小龍』っていう曲が人気っぽくて、「ゥア~チャチャチャチャチャ~!!」って叫びが入ってる。

零壱のライブ映像はこちら


左右は、去年の冬、YAMAHAのコンテストで一緒だったバンド。重いハードコア。あのころはまだ結成2,3ヶ月だったから幼稚な感じもあったけど、この前見たときは、かなりよくなってた。メンバーすべて音楽学校の生徒ってだけのことはある。すごくまとまってる。

左右のライブ映像はこちら


Beijing Live Hip Hop Experienceは初めて聞いた名前だ。ライブ映像で確認。その名の通りヒップホップバンド。そんなにいいとは思えないんだけど、何だろね。もっといいバンドいっぱいでてるのに。でも、もしかしたら雰囲気作りがいいのかも。

Beijing Live Hip Hop Experienceのライブ映像はこちら


その他のベストテン入りしたバンドの映像も見れます。中国語だけど、名前クリックしたらすぐ見れる。

あ、28日はおなじみの場所、13CLUBで北京留学生BANDS主催のハロウィンライブパーティーがある。MASSANGは今回限りの企画物バンドでドラム叩くよ。



29日は北京から電車で1時間半くらいの天津でライブ。
楽しみだ~!!

脳濁ライブれぽ。
昨日は脳濁のライブだった!!

人もいっぱい来たし、超盛り上がってたよ!!やっぱすごいね、脳濁は!!まさにアメリカンドリームを現実のものにした大物バンドって感じ!!

8時40分くらいに一バンド目、瑞王墳が登場。オールド系のパンクバンドで音楽的には脳濁と似てるかも。このときはまだお客さんが少なくって、みんな遠慮してか前のほうには人がいなかったけど、MIDIフェスに出た経験があるだけあって、演奏もしっかりしてたかな。
SANY8472.jpg



2バンド目はロシア人バンド、Outbreakers(爆発者。ボーカルが身長2メートル以上あってマイクスタンドを高くするのにかなりてこずってたのがウけた。曲調は高速パンクにメタルをちょこっと足したような感じ。ドラムがめちゃめちゃ早かった。友達もいっぱい連れてきてたみたいで、楽しい雰囲気が出てて面白かった。外人バンドってどこか、楽しんでるっていう独特の雰囲気があるよね。
SANY8479.jpg



3バンド目は糖果怪獸。瀋陽のバンド。女の子ボーカルのバンドで、なかなか個性的でよかった。結構好きかも。
SANY8484.jpg



んで、続いてはうちらカフェイン。このときにはお客さんもいっぱいいて、出だしにも結構歓声があってうれしかった。最後の曲が残ってるのに、天からのお告げ、(PAの方から舞台にのみ聞こえるマイクで終わり、といわれてけど、もともと30分と言われてたし、もちろん最後の曲で一番盛り上げるんだからやらないわけにいかない。ってことで、最後は久々の『青春』。ダイブなんかはなかったけど、みんな楽しんでる顔が見れてよかった!!
SANY8505.jpg

SANY8519.jpg


んで、最後は主役、脳濁!!脳濁のSEが流れるとお客さん、待ってましたとばかりに大合唱。
なんと、中国ではお馴染みのChannel[V]が取材に来てた。
脳濁の演奏のときもステージ上でカメラ回したり、ダイブしまくってる中に入り込んでカメラ回したり、大変そうだった。お客さんも、超盛り上がってた。
脳濁のパフォーマンスも凄い凄い!!脳濁ならではの、ステージを所狭しと暴れまわる様はやっぱりアメリカツアーなどで、ライブを重ねてきた経験と、ライブに対しての気迫なのだろう。
SANY8529.jpg

SANY8548.jpg

SANY8543.jpg


最後に博非が司会者の人と記念撮影。
ミーハーなやつめ。


10月21日脳濁、BRAIN FAILUREワンマン!!!!!
10月21日脳濁、BRAIN FAILUREワンマン!!!!!

naozhuo.jpg


BANDS: 脳濁 咖啡因 糖果怪獸 瑞王墳 Outbreakers(爆発者)
TIME : start 21:00 TICKET : 40元 前売り30元--- 当日夜8時までに入場
PLACE:13CLUB 北京 海淀区藍旗営161号成府路西側路南
(五道口の電車の駅を西へ1キロほど、または北京大学の東門を東に500メートル行ったバス停「藍旗営」駅の道の南側。(上島コーヒーの歩道橋を挟んで道の向かい)) TEL :82628077

脳濁は何度も俺のブログに登場してるので知ってる人も多いいと思うけど、五道口で育った北京の最期のパンクバンドの一つで、アメリカツアーを7回成功させ、今ではもっとも名の通った中国パンクバンドだ。もちろんライブパフォーマンスは超一流!!大興奮間違いなしだ!!

この日は9時からと宣伝してるけど、8時半から前座のバンドが始まるらしい。8時半までに入場したら、チケットが30元になるらしいので早めに着てもいいだろう。

ちなみにうちらカフェインは4バンド目、脳濁の前っていうおいしいところで登場。みなさんよろしくね!!

このライブを体験せずに北京パンクは語れない!!


ちなみに今日は午後アメリカのレコード会社のオムニバスの件でレコーディング、夜には愚公移山でコンテスト準決勝。10バンドのうち4バンドが決勝に進出できる。
アメリカンドリーム!? その後。
火曜日にスタジオで定期練習。

その後、おれは高校生にベースを教えに行き、
他のメンバーは博非の家に届いた契約書を見てみた。
中国語と英語の契約書だ。
専門的なことがいっぱい書いてあるのだろう。わからない。

ちょうどその日、オーデションライブしたライブハウスD22にマーティンさん(元P.I.L.のドラマー、現レコード会社のオーナー)がいるからわからないところがあれば聞きに来てということだったので行くことにした。

2階の奥の部屋にいるらしい。

入ってみて驚いた。

知ってる顔がいっぱいある。

SUBSPK14JOY SIDETOOKOO後海大鯊魚CAR SICK CARSTHE SCOFF
あらあら、おなじみの北京のインディーズバンドたち。

彼らも契約の話を聞いてたのね。

うちらだけじゃなかったのか~。
って言うのが正直なとこ。

毎度お騒がせして申しわけないっす。

マーティンさんは来てなくて、代理で別の人が説明をしてた。話を聞いてみると(説明はほぼ英語、日本語、中国語、英語ぺらぺらのフランス人の友達JONATHANに通訳に来てもらった。)内容的にもあやふやなところが多い。


これだけバンドを集めて契約するというのも良く分からないが、どうやらロックが熱い北京のバンド集団という売り方をするらしい。

他のバンドは悪くない話、と、その気になっているが、うちらには、メリットよりもデメリットの方が大きい気がする。

他のバンドはロック色が強く、英語曲が中心で、もともと海外を視野に入れての活動だ。中国では彼らのようなバンドがメジャーにいける可能性はほとんどない。このまま中国で活動を続けるよりも、この機会に世界に進出、というのが良い選択なのだろう。アメリカでCDデビューできて、ツアーもできる。下手をしたら有名バンドと競演したり、ビッグバンドに変貌するかもしれない。そんなアメリカンドリームがある。

でも、うちらはどうだろう。いい話ではあると思うが、条件がなかなか厳しい。というよりわからないことが多すぎる。ここと契約したせいでいろいろな制限がありそうだし。だいたい、中国で普段活動するのに、中国でのCD発売はないのだろうか。

一応この契約とは別にオムニバスには入れる予定なのでとりあえず近いうち、レコーディングするらしい。また、いろいろ聞いてみよう。


それと実はもう一つ、中国の某レコード会社から独立した新しい会社からの契約の話も来てる。

契約ってわかんない事だらけだ。。。これで今後のことが決まってくるから簡単にも決められないし。

こまった。
アメリカンドリーム!?
さっきアメリカのレコード会社から連絡があった。

アメリカでCD出さないかって。

事の発端は、おととい、土曜日、D22でのオーディションライブ。

そこのアメリカから来たレコード会社のお偉いさんが結構気に入ってくれたみたいで、いろいろアドバイスをもらった。(英語しかしゃべれないからあたふた。結局通訳してもらった…。)

その人は、よくわかんないけど結構有名なパンクバンドの元ドラマーらしい。そして、MASSANGはその人のオリジナルスティックをもらった。

んで、どっかと契約しているのかとか、歌詞はどうなのかとかいろいろ聞かれた。


いままでなんどかこういう話がきたけど、全部あいまいに終わってるから全然期待はしてなかったけど、っていうか期待したくなかったけど。

さっき電話で今から契約書の詳細をバイク便で送るから見てくれといわれてうちのギターの家に送ってもらってるところ。

話によると、中国を飛び越えて、アメリカでのCDデビューらしい。

まだ詳しいことわかんないし、まだ決まってないからおじゃんになるかもしれないけど、なんかうれしかったから書いちゃった。

ギターの博非なんか電話で興奮しすぎてろくにしゃべれてなかったし。

アメリカンドリームなるか!?

まぁ、あまり期待しないでね。

うひょ。

14日、土曜日、D22にてライブ?
火曜日は、レコーディングしてきた。
『加油小毛虫』『銀色海鴎』『Lost my life』 の3曲。
まずはMASSANGのドラムを。
夜12時くらいまでやった。
なかなかいい感じだと思うよ!!
前より音作りもうまくできたし、順調だった。

SANY8409.jpg

SANY8426.jpg


今は家で手直ししてる。
これがなかなかめんどくさい。
しかも、前に使ってたレコーディング編集ソフトがパソコンやられたときになくなったから、新しい使ったこともないやつでああでもない、こうでもない、と、死闘しております。

ある程度手直ししてからベースとギターとって、ヴォーカルとる。

いつできるかな~。


んで、土曜日はD22という、五道口の13CLUBのすぐ近くのライブハウスでライブ。でも、このライブ、ある種のオーディションみたいなもので、アメリカの何たらってレコード会社が中国のバンドを集めてオムニバスCDを作るんだって。それのオーディションかな。うまくいけばオムニバスCDの中に曲が入るし、その中でもよかったバンドはアメリカツアーもありえるらしい。
まぁ、そんなおいしい話はないよね。

ライブの映像をビデオで撮るんだけど、1バンド10曲やるんだって。ひえ~。なんも準備してないっす!!一応、8時からやるんで、興味ある人は来てみてちょ。13CLUBの公衆トイレ挟んで西側20メートル。


それと、この前、6日に参加した、2006世界バンド挑戦コンテスト(初選)でベスト10に選ばれたよ!!
ってことで準決勝進出です。20日と21日、それぞれ5バンドずつで、カフェインは20日、金曜日に出場。この前と同じ

PLACE: 愚公移山 朝阳区春秀路華通新飯店南側 TEL :64150687

にて。

ここがそのホームページ。

http://www.worldbattleofthebands.com/gigs.php?action=showgigs®ion=29

この中で、5バンドが決勝進出できる。

うひょ!!


カフェインLIVE視聴サイト!!
9月30日のライブの映像がネットで視聴できるようになった。

前半後半、約40分のライブ映像!!
新曲3曲を含む全10曲!!

クリックひとつですぐ映像が出るのでまだ動くカフェインを見たことない人も、カフェイン大ファンって人も必見!!

前半

1.新曲『明知山有虎、偏向虎山行』
2.『BOMB GIRL』
3.『太熱悩』
4.『棒棒糖』
5.新曲『蒙古(仮)』
6.新曲『愛的気球』

後半

7.『銀色海鴎』
8.『MARIO&PEACH』
9.『我和ni』
10.『加油小毛虫』

影響社さんありがとうございます。


それから前のライブ映像もアップされてました。

7月14日、重返CBGB!@無名高地

1.『Here is where I live』
2.『棒棒糖』
3.『MARIO&PEACH』
4.『Lost my life』
5.『BOMB GIRL』


朋克地帯四周年 CAFFE-IN的精彩演出(上)

1.『Here is where I live』
2.『BOMB GIRL』

朋克地帯四周年 CAFFE-IN的精彩演出(下)

3.『棒棒糖』
4.『神経病』
5.『MARIO&PEACH』
6.『青春』

caffeidhcvgjayd.jpg


【2006/10/09 20:04】 Caffe-in NEWS | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
ロックビール祭り、反日?、ライブやってきた~!!
北京第一回ロックビール祭り

4日目にライブしてきた~!!

やっぱり昼間は人が少なかったけど、うちらを楽しみに来てくれてる人も結構いたみたいでうれしかった!!

多分15時10分くらいにセッティング。
2日の日にリハしたけど、ベースの設備も変わってるし、リハしたいみなし。
なんかずっとハウっててなかなか始められないから、俺様がみんなに日本語を教えてあげた。ビール祭りだから、「飲もうぜ!!」を教えてあげた。

なんか反応が面白かった。

んで、俺と博非の合唱から始まる『明知山有虎、偏向虎山行』から続けて『BOMB GIRL』。音がぜんぜん聞こえない。ギターはだんだん聞こえるようになってきたけど、ドラムは最後までかすかに聞こえる生音を頼りに演奏した。ほかのバンドは問題なかったらしいけど、いったいどうなってんだ?外の音はどうかわかんないけど、一部のパンクキッズたちが暴れてたから外はそれなりに聞こえてたのかな?
SANY8302A.jpg

続いておなじみ『棒棒糖』から日本語曲『here is where I live』。すると小さな木の実がステージまで飛んでくるようになった。反日を愛国心と勘違いしてるバカなやつらだ。最初はなんだか観客とステージまでは20メートルほど離れているし、前の方にも観客がいるので投げてるやつらからはそれなりに距離があって、ぜんぜん怖くはないけど、だんだん腹が立ってきた。
SANY8305A.jpg



でも、それはほんとに10人にも満たないごく1部のやつらで、ほかの客は無反応。演奏が終わるとやつらはうちらに罵声を浴びせてきた。博非は「くそやろう」みたいな感じで対抗していたが、「日本人は嫌いだ!!」の罵声に、

SAYUはただ一言

『ウォーアイニー(愛してるよ)』って。

か、かっちょえ~!!!!!!
多分そこにいる人みんながそう思ったことだろう。

なんか、むかつくから言ってやろうと思ったけど、そのSAYUの言葉で余裕が出てきた。
SANY8307A.jpg

その後、新曲『愛的気球』。まだ投げて来てたけど、途中からあきらめたのか、地べたに座り込んでた。

相変わらず音は全然聞こえない。特にドラム。やっててぜんぜんしっくりこないまま『野蛮女友』

そんで『MARIO&PEACH』。おれのベースがいかしてたね。
SANY8294A.jpg

最後は『加油小毛虫』。おれのMCもイカシテたっしょぃ?またパンクキッズ達が暴れてくれた。

うちらは終始音が聞こえないままだったから、なんか達成感がなかったけど、声援も多かったし、まぁ、よかったんじゃないかな。
この経験を生かして、更なるビッグバンドになるぜ!!

ライブ終わってから何人もの人に一緒に写真を撮ってくれと言われた。
リハに行った時もライブしてないのにそういうのあったし。なんか、俺って有名人!?

夜6時くらいから証明がフル活用されだして、雰囲気がかなりよくなった。なんだこの昼と夜の差は!?

巷ではこのライブの評価はかなり低い。まずチケットの値段の高さ。北京最大のロックフェス、MIDIが30元なのに対し、60元。商業化しすぎだとかね。
中国ではまだまだロックの価値をお金で評価されてないみたい。だからバンドマンの生活は厳しかったりする。
あとは、POGO(ぶつかり合って暴れる)が禁止だとか、ビールがまずいだとか。でも、俺が思うにMIDIよりはよっぽど音はよかったと思うけどね。

写真は俺のしょぼしょぼディカ(韓国語ではデジカメのことをディカという。略しすぎ!!)。とほほ。。。

そうそう、中国語のロックの掲示板で、うちらのときの反日のことが話題になってた。中国語わかる人はぜひぜひ覗いてみてね。もしかしたら登録しないと見れないかも?登録すれば書き込みもOKよ。よろしく!!
http://bbs.democn.com/dispbbs.asp?boardID=241&ID=104087&page=1

10月4日、6日、21日ライブダス!!
パソコン、半分直した。
新しいハードディスク買って中国語版Windows XP(海○版!!)入れた。だから全部中国語…。
日本語ソフトは文字化け。
でも、いいもん。
これからは中国語の時代だ~!!

ただ、いまだに前のデータを取り出せずにいる。
よくわからん。やり方。


昨日、おとといはライブ。
ずっとライブしてなかったし、新曲もできたし、うん。もっとがんばるぞ~!!

んで、中国では今日から7日間の休み。皆さんはいかがお過ごし?

10月4日、6日、21日ライブダス!!


10月1日~7日、北京第一回ロックビール祭り
dan1.jpg

dan2.jpg

日時10月1日~7日 14:00~21:00
チケット:大人60元、7日通し大人280元学生210元
会場:雕塑公園(diao su gong yuan)地下鉄1号線「八宝山」下車、駅すぐ隣。

今日から始まった北京第一回ロックビール祭り、うちらカフェインは4日目の3バンド目、15:20から25分間のステージだ。かなり大規模な野外フェスなので、みんなふるって来て頂戴!!
ちなみに後輩がドラムやってる痩人は2日目の夜20時から。うちら、リハが2日目の午前中だからその日はリハの後そのまま見るつもり。


10月6日 2006世界バンド挑戦コンテスト(初選)三日目BANDS: Sko 镭 摩天楼 咖啡因 左右
TIME:10月6日 星期五 PM 21:30 TICKET:30元
PLACE: 愚公移山 朝阳区春秀路華通新飯店南側 TEL :64150687

これは世界10ヶ国ほどで行われている未契約バンドのコンテストで、今年から中国でも開催。予選は参加バンドのネット投票。20バンド選ばれた。そして、4日から7日まで5バンドずつライブし、審査するらしい。いまいちおれもよくわかんない。
とにかく、なんか参加できるみたいだから、がんばるぞ!!


10月21日脳濁、BRAIN FAILUREワンマン!!!!!
BANDS: 脳濁 咖啡因 糖果怪獸 瑞王墳 Outbreakers(爆発者)
TIME : start 21:00 TICKET : 40元 前売り30元--- 当天夜8時までに入場
PLACE:13CLUB 北京 海淀区藍旗営161号成府路西側路南
(五道口の電車の駅を西へ1キロほど、または北京大学の東門を東に500メートル行ったバス停「藍旗営」駅の道の南側。(上島コーヒーの歩道橋を挟んで道の向かい)) TEL :82628077

あの脳濁が五道口に帰ってくる!!
そして、またまたうちらがゲストバンドに大抜擢だ!!
あつ~い夜をみんなで迎えよう!!




PROFILE
masatox
  • Author:masatox
  • YEAH~~!! Caffe-inデス。
    カフェインと読む。漢字では珈琲因。(珈琲の左の王の字は中国では口になる。)
    僕はベース弾いてます。
    北京歴は意外と長い。。。
    語言大学卒業。
    中国語は自分ではいい感じだと思ってるけど、バンドメンバーや、中国人の友達からは「もっとうまくなれ、勉強しろっ」て言われる。ぅ~。。。YEAH~~!!

    下のリンクにBBSもありまっせ。応援よろしく。


    応援クリックよろしく!!
    人気のブログをのぞいてみよう!!
    『人気blogランキングへ』



  • RSS1.0
  • CALENDAR
    09 | 2006/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 管理人(masato)の日記 (320)
  • PHOTO (10)
  • LIVE INFO (40)
  • Caffe-in PROFILE (4)
  • Caffe-in NEWS (29)
  • LINKS (3)
  • 中国の陰謀 (3)
  • LIVE (22)
  • 北京音楽事情 (1)
  • 歌詞 (11)
  • レコーディング (2)
  • LINKS
  • Caffe-in BBS(中文)
  • Caffe-in BBS(日本語)
  • Caffe-in BLOG(中文)
  • Caffe-in 音楽BLOG(中文)
  • Caffe-in 着メロ(中文)
  • Caffe-in 音源試聴-audioleaf(日本語)
  • Caffe-in 音源試聴-muzie(日本語)
  • CAFFE-IN所属、PILOT RECORDS
  • RECENT ENTRIES
  • (10/20)
  • わ~!更新できませんでした><(10/16)
  • 最近のカフェイン(06/29)
  • お久しぶりです~!(06/26)
  • 生まれました。(02/06)
  • テレビ番組[節節高声]特番(01/22)
  • カフェイン MV [財神到] 公開!!(12/21)
  • ワンマンを終えて。(11/19)
  • 暇な人は覗いてみてちょv(11/13)
  • ライブ(?)してきた!(11/11)
  • RECENT COMMENTS
  • みか(11/10)
  • animaerdonc(10/29)
  • グリーン(10/22)
  • masatox(10/22)
  • ゆうや(10/20)
  • masatox(10/20)
  • グリーン(10/16)
  • masatox(10/16)
  • masatox(10/16)
  • とむ(08/09)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 岡山のセフレ:エッチ 球場前 ナンパ(01/05)
  • ドラゴンボール 天下一大冒険:ドラゴンボール 天下一大冒険(08/03)
  • youtube動画&最新news:バレンタイン イラスト(02/13)
  • TOEICの裏技:英語を勉強してもTOEICで高スコアは取れません(12/30)
  • 激安!池袋の私書箱新規オープンです:私書箱(10/04)
  • ARCHIVES
  • 2011年10月 (2)
  • 2010年06月 (2)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (4)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年08月 (3)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (3)
  • 2009年05月 (4)
  • 2009年04月 (3)
  • 2009年03月 (6)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (3)
  • 2008年12月 (3)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年09月 (7)
  • 2008年08月 (4)
  • 2008年07月 (9)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (5)
  • 2008年04月 (8)
  • 2008年03月 (18)
  • 2008年02月 (5)
  • 2008年01月 (10)
  • 2007年12月 (9)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (4)
  • 2007年08月 (4)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (9)
  • 2007年04月 (5)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (9)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (13)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (6)
  • 2006年07月 (11)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (6)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (12)
  • 2006年02月 (13)
  • 2006年01月 (8)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (12)
  • 2005年10月 (13)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (20)
  • 2005年07月 (31)
  • 2005年06月 (8)
  • SEARCH
    SEO対策:バンド SEO対策:インディーズ SEO対策:ライブ SEO対策:CD SEO対策:中国 SEO対策:北京 SEO対策:ポップ SEO対策:ロック SEO対策:カフェイン SEO対策:メジャー SEO対策:デビュー SEO対策:情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。